読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛ぶ鳥の献立

珈琲と酒と本とぼんやりした何かでできている

身にかへてあやなく花を惜むかな

今年はあまり撮れなかったけれど、花見の記録。

 

2月、熱海にて。

f:id:mochidori:20170414111841j:image

坪内逍遥の晩年の住居、双柿舎の庭に咲いていた寒桜。

f:id:mochidori:20170414111812j:image

 

4月、東京から遊びに来てくれた友を円山公園に連れ出す。

f:id:mochidori:20170413123625j:image

 

4月、友と天満橋から大川沿いを歩く。

f:id:mochidori:20170413192903j:image

桜咲く春は夜だになかりせば夢にも物は思はざらまし、の心。

f:id:mochidori:20170413123527j:image

友の職場近くの公園でゆるゆる語らう時間のかけがえのなさ。

f:id:mochidori:20170413123556j:image 

4月、醍醐寺に詣でる。 

f:id:mochidori:20170413123408j:image

太閤の短い栄華を思わせる花々。夢のまた夢。 

f:id:mochidori:20170413123347j:image

わけてもこの染井吉野がすごかった。

スーパーソメイヨシノと勝手に命名。

f:id:mochidori:20170414111932j:image

しかしどちらかと言えば山桜が好き。

f:id:mochidori:20170414111908j:image

花曇は常に春愁を連れてくる。

f:id:mochidori:20170413192943j:image

あちこちに五七桐が使われているのに悠久を感じる。

f:id:mochidori:20170413123324j:image

 

 4月、横浜は大岡川にて。

散ればこそいとど桜はめでたけれ憂き世になにか久しかるべき、の心。

f:id:mochidori:20170413150429j:image

  

 4月、三菱一号館美術館の中庭の桜。

この子はだいぶ移ろいが早く、だいぶ葉桜。 f:id:mochidori:20170413192639j:image

 

4月、ひとり近所で花を見送る。 

f:id:mochidori:20170414111723j:image 

 生けらばのちの春もこそあれ。