読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一瞬の観測、一握の機微

前回の記事で、ちゃんとしたカメラで撮ろうと書いたけれど、

日常で目にするものは今まで通りiPhoneで撮っていこうと思っていて、

この冬から春に向かう道行で出会ったものを並べてみる。

 

下りの対岸は上り。

f:id:mochidori:20170421165015j:image

   

柴だんご。

f:id:mochidori:20170421164652j:image

 

もう終電は諦めよう、と言った時の。 

f:id:mochidori:20170421164750j:image

 

夜は特に距離感覚が繊細になる。(これ以上近づけなかった)

f:id:mochidori:20170421164845j:image

 

あるほどの花投げ入れよ春の壺。

f:id:mochidori:20170421164923j:image

 

大好き国鉄フォント。

f:id:mochidori:20170421165049j:image 

 冬の出口を彷徨う。

f:id:mochidori:20170421165221j:image

 

枝垂れ桜は散っても色褪せない。

f:id:mochidori:20170421164613j:image

 

 庭に茶を喫しに。f:id:mochidori:20170421165352j:image

 

死に向かう生化学反応。

f:id:mochidori:20170421164630j:image 

すでに風薫る。

f:id:mochidori:20170421164602j:image

 

日々の機微の一番近くに寄り添ってくれる機材だと思う。